運転手仕事のフリー中距離配達編を物語風にご紹介

今回は運転手のお仕事フリー荷物の中距離配達をご紹介します

使用トラックは4トンのウィング車(ウィングとは荷台が左右から大きく上に向かって開ける事が出来るトラックを言います。パレットに積んである荷物をパレットごと積む場合に重宝します)大阪から愛知向けの配達を覗いてみましょう

仮称 上田 恵子 27歳 運転手仕事歴3ヶ月。大奮闘中

以前は倉庫で仕分けのお仕事をしていた関係で荷物の扱いは慣れています。荷物の引き取りや入荷のドライバーと話をしている内に運転手仕事に興味を持ち中型の免許を取得して念願のドライバーになる事が出来ました。いきなり4トン車からのスタートと言う事もあり話を聞くのと実際運転するのではかなりの開きがあり、正直かなり苦戦しています。

運転手仕事は未経験でしたがリフトの経験を買われて採用決定

未経験でしかも中距離。今思えばよく採用して頂いたと感心しています。前職が倉庫での仕分け作業でリフトは慣れていた事と体力面で採用頂きました。大変だったのは教習所で試運転はしたものの4トンともなると長さと幅が広く国道でもぎりぎりの道幅が多くあり、怖くて制限速度50kmの道路を40km以下で走行せざるを得ない日々が暫く続いたものでした。フリーのお荷物(毎日のお荷物や行き先が全く違う配達を通称フリー便と言います)を扱う場合、通常指定が無い限り高速道路はあまり利用しません。一般道路を利用します。その為、関西中京間では走る時間帯にもよりますが深夜で3.5時間、昼間の走行だと渋滞もあり4から5時間の運行になります。

土地勘が全く無い他府県への配達

更に苦労したのは土地勘の無い他府県への配達と言う事でした。通常荷物は宵積みと言って前日にトラックに積み込みます。そして納品はチャーター便(車立てとも言いトラックを丸ごと1台貸切る事を言います)であれば通常翌日の朝一(慣例ではAM8:00)必着となります。その為前日から出発するのが中距離での運転手仕事の慣例です。行き帰りの道は決まっているので直ぐに覚える事が出来ました。問題は納品場所付近に着いてからです。土地勘が全く無いので筋を1本間違っただけでとんでもない所へ行く始末。近くまで来ているのに方向が分からなくなり目的地からどんどん離れて行く日々が何日も続き気が付けば目的付近から更に3時間もかかり、たどり着いた時にはもうヘトヘト。

上田 恵子 奮闘の中運転手仕事から早くも3ヶ月。仲間に感謝

訳もわからないままに運転手仕事をはじめて早くも3ヶ月が経っていました。今では少し余裕が出て来た気がします。この間同じ会社のドライバー仲間が電話で道を教えてくれたり励ましてくれたり。そのおかげでここまでこれた気がします。ドライバーは仲間意識が強いのでがんばっている人には応援したくなります。

混載荷物にも少しづつチャレンジ

この会社では売り上げ制を導入しているので1件単位での配達では給料にならず2・3件程度の混載荷物での配達が出来るようにならなければなりません。混載とはチャーター便とは違い例えば4トンであれば満載の荷物ではなく荷台の3分の1程度の物量の荷物を2から3件程度積み合わせて配達する事を言います。この場合朝一の納品は少なく概ね午前中の配達指定が多い為、混載配達が出来る訳です。1件1件の荷物の量が少ない為、積み込みや納品に時間を取られる事が無いのが特徴です。

混載配達をこなすには荷物の扱いに慣れていること(積み込みやおろしにあまり時間をかけれない)、土地勘がある事(全ての配達を午前中にやってしまう為、正確な移動ルートや移動時間が把握出来ていなければならない)これが絶対条件です。

混載を組む事によってチャーター便より遥かに売り上げが上がり、その分給料に反映されますのでドライバーさんは混載荷物の配達が出来るようにがんばります。

本日の運転手仕事、予定開始!

時刻は朝の8:35。前日愛知県大府市で積んだ荷物を兵庫県尼崎市で納品完了。配車マンに報告をして本日の宵積み内容の確認”上田さんそろそろ2件積みやってみる?”ついにこの日がやって来ました。いよいよ混載荷物扱いの開始!荷物の扱いはリフトも含めてなれておりこの3ヶ月で土地勘もそれなりにつかんだので2つ返事でOKをしました。

”大阪府堺市から愛知県小牧行き荷物1.8トン3パレット、大阪府茨木市から愛知県一宮市750キロ50ケース。がんばってね”どちらも直ぐに積み込み可能との事。積み地同士、納品場所同士も非常に近く午前中納品でも余裕を持って配達出来る距離です。配車マンの配慮に感謝です。

只今時刻はPM2:40

2件の積み込み地までゆっくり移動しても余裕の時間で宵積みが完了しました。時間があるので一旦会社によって日報を提出して家に帰り出発支度を済ませて只今時刻はPM8:00今日も元気よく愛知に向けて出発。

時刻はPM11:45を少し過ぎたところ

163号線から名阪国道を経由して23号線を名古屋方面へ進路を取り、途中裏道を通り一宮経由で155号線バイパスを通って予定通り小牧に到着。運転手仕事をはじめて3ヶ月目にして初めての複数件配達。配達場所も確認したので明日の配達は道に迷う事無く午前中に完納出来そうな予感。コンビニでトラックを止めて軽く食事をして本日の業務終了。明日もスムーズな1日でありますように。

まだまだ続きます”ドライバー物語”

運転手仕事に関して今回はフリー中距離の配達を覗いてみました。ドライバー物語まだまだ続きます。次回をご期待下さい。