内輪差,オーバーハング。トラック・オーバーハング(リア)と内輪差について

皆さんは内輪差とオーバーハングをどこまで理解出来ているでしょうか?

内輪差に関しては認知度が高いのですがオーバーハングについては知らない人が多いようです。特に大型車両でオーバーハングを知らなければ100パーセント事故の対象になります。しかし知らなくても必要な場面ではちゃんと確認しているドライバーさんも多く見られます。改めてここでこの2つをしっかりと把握しておきましょう。

内輪差とは?

内輪差はホイールベースの長さに関係します。
ホイールベースの長さとは前輪の中心から後輪の中心までの長さを言います。このホイールベースの長さが長いほど例えば左折時、曲がる際のスピードやハンドルの切り角度によって後輪の中心から前の車体が左内側へ大きくよって行きます。これによって左サイドの単車や自転車、通行人、障害物等の巻き込み事故に発展します。
内輪差の対処策は
左折中、左後方をサイドミラーで何度も確認しながらゆっくりとトラックを進めて行き、単車の有無その他の対象物に合わせてゆっくりハンドルを切って行く(極端なハンドルのすえ切りを避けて緩やかなカーブを描くイメージ。)。トラックが大きくそして長くなればなる程又、道幅が狭くなれば狭くなる程内輪差を意識する必要があります。

オーバーハング(リア)とは?

車体の内側に巻き込む内輪差に対して外側へ押し出す現象がオーバーハングです。
これは後輪の中心から荷台の最後部の長さに関係します。この長さが長い程オーバーハング現象に気をつける必要があります。オーバーハングとは、特にハンドルをすえ切りによって目いっぱい左又は右に切って少し車を動かした際、後輪の中心から後ろは、ハンドルを切った反対の方向に押し出されます。この現象をオーバーハングと言います。
オーバーハングの対処策は
特に道幅の狭い道路での右左折はハンドルを切る方向と反対側の最後部を確認しながらゆっくりと車両を直進させ状況に合わせてゆっくりとハンドルを切って行きます。

オーバーハング事例

狭い道幅で右折待ちをする際
道幅の狭い交差点の右折レーンの先頭にいる時、停止線と直角にトラックを止めていませんか?その状態で一度左後方を確認してみて下さい。左側の本線をトラックの最後部が塞いで後ろから衝突される危険なゾーンを作っています。狭い道幅で右折待ちをする際は、トラックが進行方向に向かってまっすぐな状態を保てる位置で待機しましょう。
狭い道幅を右左折する際
大回りする為に左折時右側へ、右折時左側へ必要以上に膨らんでいませんか?この行為もオーバーハングによりトラックの後方に追突される可能性を秘めています。


youTube

発車直後の追突事故(トラック)

信号待ちの後、前方車両が発進したので自車両も発進させた直後に前方車両が急ブレーキを踏んだ為、間に合わず前方車両に追突した。この事故が起きた原因と対処策を考えてみましょう

次へ > 安全運転初級編 : 08/14ページ < 前へ