高速道路事故。高速道路をトラックにより法廷速度で走行中。これって安全運転?

法定速度で高速道路走行中

高速道路で走行車線を時速80キロメートルで走行中。図のような状態がかなりの時間続いています。非常に安全な運行速度ですが何かが変ですよね?これら2台のそれぞれについての心理作用や危険性及び対処策を考えて見ましょう。

危険性事例

後続車両が居眠りをおこしその際、前を走っている車両に追突する恐れがある。
前車両が障害物等を避ける際、急ブレーキをかける恐れがある。

対処策事例

後ろを走行の際は前車両との車間距離を十分にとる。
前を走行の際は後続車両を先に行かせる等の工夫をする。

車間距離を極端に詰められた状態での走行

自分が運転している車両が後ろの立場であれば車間距離を十分に取りなさいと言う事になります。しかし前を走っていて車間距離を極端に詰められた状態での走行、この様な状況になった場合皆さんはどう言う判断をしますか?"後続車両が車間距離を詰めて来ているので追突されてもそれは後続車が悪い" と判断してかたずけますか?この状況で追突事故がおきればお互い無駄な時間をすごす事になります。後続車両が極端に車間距離を詰めてきたらそれを排除する工夫も必要ではないでしょうか?
排除する工夫、例えば
片側2車線道路であれば車線変更をして後続車を先に行かせたり、片側1車線道路であればブレーキを踏む際ポンピングブレーキやハザードを併用したり、なるべく急ブレーキを避ける工夫が必要ではないでしょうか?

運転を本能に任せる事なかれ

話題は後続車よりも極端に車間距離を詰められた前の車両です。
実はこれは車間距離の中でも非常に難易度の高い事例の一つです。車間距離と言うと殆どの方が自車両の前を走っている車両との間隔の事だと思っています。しかし後続車両に極端に詰められての走行も車間距離不足であり非常に危険な状況だと言う事を常日頃から意識する必要があります。
高速道路の走行車線でこの様な状況が出来上がる一番の理由。
これは大型のトラックが大きく関係しています。最近では運送会社で社速を設けているところが沢山あります。パターンとしては高速道路では時速80ー85メートル。大型車ではリミッター範囲内(概ね時速90メートルから95キロメートル程度)。高速道路の追い越し車線では時速100キロメートル超で走行している車両が沢山いてます。また通常時速80−85キロメートルで走行している車両は走行車線を走ります。問題はリミッターが付いていて車速をリミッター範囲内(概ね時速90メートルから95キロメートル程度)としているトラックです。

走行車線では時速80−85キロメートルで流れているのでペースが遅い。
到着時間の計算をリミッター限界速度で見ているので速度を落とすわけには行かない。
かと言って追越し車線ばかり走っていては後続車に迷惑がかかる。


これらの理由から基本は走行車線を走り遅い車両を発見したら追越し車線に入って追越完了後また走行車線に戻ると言うパターンが定着しています。

しかし追い越しの際、リミッターで速度を調整されているので思うスピードが出せない。

これらの理由から
"追い越し車線が詰まっていても半ば強引に車線変更をする" 様になります。
更に追い越し車線に入っても今度は追越しに時間がかかる。この時、意外と後続車に気を使っているドライバーさんが多いのです。それが為に追越しが完了したら速やかに走行車線に戻ろうとして少し焦りを覚えます。これらの心理作用から走行車線に戻る際、追越した車両との車間距離に余裕を持たせて走行車線に戻る事はせずにぎりぎりの車間距離のところで車線変更してきます。この行為により追越された車両は一瞬ヒヤリとさせられる事もあります。
これを避けたいが為に
常時走行車線を走っている車両は自分の前に他の車両を入れさせたくないと言う心理作用が働きその結果、極端に前の車両との車間距離を縮めて走行します。これがマンネリ化して車間距離を縮めて走行するのが当たり前になって行きます。
"運転を本能に任せる"と
事故をおこし易い状況を自ら作ってしまう結果になります。これを回避するには普段よりドライバーが集まり皆でゾーンを無くして行く為のディスカッションを定期的に行う必要があります。


youTube

トラックで敷地内を出る際の注意

引き取り又は納品を終えて敷地内を出ようとしています
門の両サイドは塀が立っていて道路状況が把握しにくい状況にあります
安全に門を出る方法を考えて見ましょう

次へ > 安全運転初級編 : 09/14ページ < 前へ