イライラ,焦り。トラック運転中のイライラ焦りの原因について

運転中にイライラしたり焦ったりするのはなぜ?

車を運転していてイライラしたり焦ったりした経験は誰しもあります。どうして人は車を運転している時にイライラしたり焦ったりするのでしょうか?
なぜ人は車に乗りますか?
快適で歩くより、自転車より早く目的地へ着くことが出来るからです。(近い距離での例外はありますが。)又通常、道路が空いている状態のときは時速60キロで車を走らせようと思えば60キロで、時速80キロで走らせようと思えば80キロで走らせることが出来ます。ドライバーの頭と体は知らず知らずのうちに車が走っている状態に心地よさを覚えてしまっています。この為、まだ目的地へ到着していないにも関わらず停止したり思いのスピードが出せない時に、不快感を覚えそしてこれが蓄積されてイライラ状態に入って行きます。又、急いでいるときなどはこれに焦りを併発させてしまいます。これらがピークに達したとき人は自分でも理解し難い行動に走ります。この時タイミングが合えば事故と言う形で表に出て来ます。
これらの状況から
交通渋滞時、交差点での右折待ち等がイライラを誘発する原因であることが分かります。ドライバーにとってイライラの蓄積は事故の元。こう考えればこのイライラを排除する努力が必要です。運行している時は平常心の持続及び冷静な状況判断と言ったものが必要になってきます。

イライラ対処策事例

かく言う私も気が短い方で性格が運転に出ていた方でした。
しかしプライベートで運転をするのでは無い。仕事で運転をするんだと考えたとき、プロとして何らかの対策を立てていく必要があると思いました。気を紛らわす為に楽しいことを考えながら走ろう。これは確かに効果はありましたが注意まで散乱になり、運転の最中に危うく事故になりかけた経験を何回かしましたので取り止めました。他のドライバーの隣に座る機会があると、良くぶつぶつと独り言を言いながら走っているドライバーがいます。"おい!普段渋滞なんかせえへんとこやのに何で今日に限って渋滞しとんねん!" "工事やっとるやんけ!俺が走っとらんときに工事せい!" "前のトラックえらいふらふらしてるやん。ねてんちゃうん!"こんな感じです。これは相手には聞こえないので運転に現れなければ迷惑ではありません。これは私は賛成です。これはとりもなおさず周りの状況がしっかりと把握出来ていると言うことです。もう一つ付け加えればこれをできるだけ大きな声で言うようにしたら良いでしょう。思っていることを大声で口に出して言うことによってストレスを解消する効果が期待出来ます。

最も効果的なイライラ対処策事例

運転中、街中を走っている時は率先して道を譲る事にしています。
例えば先の信号が赤でスピードを落としている最中、その信号付近のわき道から本線に入る為に停止している車両があれば少し早めに停止してその車両を入れてあげる。一車線で右折待ちの対向車があればわざわざスピードを落としてパッシングの合図を送り通してあげる。車線変更の為、ウインカーを出している車両があればこれまたスピードを落として入れてあげる。などなど他にも沢山あります。これらの行為はトラック同士でやっている光景はよく見かけます。
一つ目の目的は視覚から来るゾーンを未然に防ぐ事でしたね。
二つ目は常に自分が運転中、周りの状況を把握出来ているかの冷静さを推し量るためのバロメーターでしたね。
そして三つ目、心理作用から来るゾーンを未然に防ぐ又は排除すると言う事です。
運転している自分を常に気持ちよくさせるのがねらいです。運転するときは運転に集中すると言う観点からも理にかなった方法です。人間、良い事をすれば気持ちが嬉しくなって来る。それによって相手が感謝してくれたらなおさら気分が良い。

"自分を気持ちよくすることによって相手も気持ち良くする" どうですか?

先の例で右折車両を先に行かせる事によってその車両も事故の当事者にならずにすんだことになります。お互い事故にならずに済む訳です。ここで誤解をしないで下さい。"相手を気持ちよくすることによって自分を気持ちよくする" 事ではありません。
何が言いたいのかお分かりでしょうか?
この意味は相手に感謝されることによって自分が気持ちよくなるという事です。道を譲ってあげても挨拶もせずに、当たり前の顔をして行き過ぎるドライバーも沢山いてます。感謝の気持ちを期待して当てが外れた時、人間は不愉快になります。この不愉快さは、えてして憎しみに変わる場合もあります。"かわいさ余って憎さ100倍"のことわざのごとしです。相手の為に道を譲るのではなく、あくまでも自分の為だと言う事を肝に銘じて下さい。名刀も使い方を誤れば唯の凶器になってしまいます。


youTube

トラック事故を減らす為には?

日々の運行の中で事故を減らして行く為に具体的にどう言う事をしていくべきでしょうか?事故を減少させていく為のポイントは何処にあるのでしょうか?

次へ > 安全運転初級編 : 14/14ページ < 前へ