前方不注意,前方注意。トラック走行時における前方の状況把握

追い越し車線走行中、前方走行車線側に車が停車しているのを発見しました

この後あなたはどのような行動をとりますか?(黒塗りの車両が自分の運転している車両。)

危険性事例

走行車線を走っている車両2台が停車中の車両の直前迄来ている為、急に追い越し車線へ割り込んで来る可能性がありその際、自分が運転している車両と接触する可能性がある。

対処策事例

早い目にアクセルを緩めて走行車線を走っている2台とも入れるスペースを空けて走行する。

まとめ

これも合流地点事例と同じくペースを上げて先に行く方が良い場合もありますが、マナーとして更には一番肝心な自分が走っている周りの状況が常に把握出来ているかを推し量るバロメーターとして、この場合早い目にアクセルを緩めるようにしています。それはとりもなおさずその先で自らゾーンを作ってしまう可能性をいち早く察知出来ていると言う事につながるからです。


youTube

トラックで敷地内を出る際の注意

引き取り又は納品を終えて敷地内を出ようとしています
門の両サイドは塀が立っていて道路状況が把握しにくい状況にあります
安全に門を出る方法を考えて見ましょう

次へ > 安全運転初級編 : 05/14ページ < 前へ