車線変更事故。トラックによる走行車線から追越車線への車線変更時の危険性

車線変更ドライバー体験談より

走行車線から追越し車線へ車線変更をした際、追越し車線後続車両との車間距離は十分にあることを確認してから車線変更をしたにもかかわらず、後続車両が怒ってしまいしばらくの間追いかけられた。これの原因について考えて見ましょう。

速度差に原因があると思われます

通常、走行車線よりも追越し車線の方がペースが速く、特に道路が空いている時や深夜等はかなりのスピードで走っている可能性があります。車線変更をする前にサイドミラーから右後方を確認して十分車間距離がある事を確認して車線変更をしたが、追越し車線後続車のスピードが速すぎた為自分が運転している車両が追越し車線に入った時には後続車両がすぐ後ろ迄迫っていたと言った状況です。

対処策事例

この様な状況の中では、車線変更のタイミングを後続車両との車間距離だけで判断するのでは無く、追越し車線側後続車両との速度差も意識する必要があります。又、車線変更をする際は先に述べた "片側3車線での車線変更" の対処策事例をしっかりと体に覚えこませておく必要があります。

これは片側2車線における盲点の一つでもあります

追越し車線をメインに走っているドライバーはこれでヒヤッとした経験があるので分かっている人は多いのですが、走行車線をメインに走っているドライバーはこれに気付いてない人が結構いてます。

車間距離と速度差を瞬時に把握するには?

少し練習が必要です。走行車線を走っている時にサイドミラーで追い越し車線側の後続車両を確認して1回目を話します。そして再びサイドミラーから後続車両を確認して1回目に見た時の車間距離と2回目に見た時の車間距離の縮み具合を把握する。この行為を常日頃から意識して練習しておく。この練習の積み重ねにより、自分が運転している車両が今、現状のスピードで車線変更を完了した時に追越し車線側の後続車両がどの位置にくるかを把握出来るようになります。


youTube

オーバーハング(トラック)

皆さんはトラックのオーバーハングをどこまで理解出来ているでしょうか?特に大型トラックでオーバーハングを理解していなければ事故の対象になります。ここでしっかりと理解を深めてください

次へ > 安全運転中級編 : 04/11ページ < 前へ