片側1車線。トラック・片側1車線で対向車に右折待ちの車両がある場合の危険予測

走行中に片側一車線のところ対向車線で右折の為一旦停止している車両を発見

この後、あなたはどのような行動にでますか?又この事例にゾーン(事故の可能性)が潜んでいる可能性はあると思いますか?無いと思いますか?

危険性事例

自分が走っているトラックの前に入っていけるスペースがあると、誤った判断をして右折車両が急に飛び出して来て正面衝突をおこす危険性がある。

対処策事例

パッシングの合図を送り右折待ち車両を先に行かせます。ただし、その際自分の運転する車両の左サイドにバイクが来てないかどうかの確認は必ずします

先に行かせることによって事故を未然に防ぐ

通常は直進車両が優先なのでわざわざスピードを緩めて先に行かせる必要はありませんが、先に行かせる事によって事故の可能性を未然に防げる訳です。これも実際、その状況に遭遇してみると以外に難しい事に気付きます。私がこの行為をする最大の目的は、常に自分が運転しながら周りの状況をしっかりと把握出来ているか又、冷静になって的確な判断が出来ているかを推し量るためのバロメーターとしての判断材料の一つにする為です。
イライラゾーンの排除効果
更に、先に行かせる事によってそのドライバーが手を上げて挨拶をしてくれると人間としてうれしい気持ちになりますよね。その後ろで止められていた車両もありがとうの挨拶をしてくる事もあります。交通量が多いこの様なケースでは気持ちは急いでも時間の短縮につながる事はありません。イライラゾーンを排除するのに打って付けの方法ですね。更にこれは事故の中でも多く発生するカテゴリーの一つです。これが交差点でないというところがドライバーの判断を鈍らせていますが、"交差点での出会い頭事故"と状況は同じです。

速度差と時間差による安全な間合いの取り方

"間合い" について少し解説致しましょう。
対抗右折車両を先に行かせるのには実はもっと大きな目的があります。先に解説した "速度差" に加えて "時間差" この2つを合わせて対抗右折車両が割り込んで来ても衝突事故にならない "間合い" を体得する事にあります。
これはどう言う事かと申しますと
前方に対抗右折者を発見した時点で対抗右折車両を行かせる為に右折車両までの距離及び時間を把握し、右折車両が自車両の前を通り過ぎる間に何処まで接近するかを判断して対抗右折車両が通り過ぎるまで衝突しない空間つまり間合いを体得すると言う事です。
少し難しい言い回しになりましたが
片側1車線での右折や脇道からの急な飛び出しによる衝突事故を未然に防げる確率が高くなります。皆さんもこの様なシチュエーションに出くわしたら、トラック乗用車に関わらず率先して道を譲ってあげる様心がけてみてください。必ずこの種の事故が減ります。


youTube

内輪差(トラック)

オーバーハングと並べて理解しておく必要のあるのが内輪差です特に交差点で内輪差による巻き込み事故は多く発生しています。オーバーハングとセットで改めて理解を深めましょう

次へ > 安全運転中級編 : 05/11ページ < 前へ