トレーラー横転事故(交差点右折)。静岡県国道1号線右折でのトレーラー横転事故

静岡県下の国道1号線で交差点右折時のトレーラー横転事故

静岡県下国道1号線から右折時にトレーラーが横転する事故が発生致しました。その際に交差点で自転車による信号待ちをしていた20歳代の女性が荷台の下敷きになり死亡しました。この事故に対する原因や状況・対処策を一緒に考えて見ましょう。

考えられる原因

右折時のスピード超過。
荷物の積載オーバーによってバランスを崩した。
4tトラック程度の感覚で運行していた。等々・・・

対処策事例

交差点左折時では十分に速度を落とす。
特にトレーラーはバランスが悪いので荷物の重量や積みの状況をしっかり把握して運行を臨機応変に対応させる。

普段の悪慣習が招く典型的な事故パターン

今回の事故は普段の悪い慣習を体に覚えこませていたがゆえにおきてしまった可能性が非常に高いので取り上げてみました。

解 説
場所は国道1号線。トレーラーが横転する程の速度で交差点に進入したと言う事は道幅にかなりの余裕があったと推測出来ます。そして道幅が広いと言う事は右折専用レーンが設置されていたはずです。右折レーンがあると言う事は右折専用の矢印信号が設置されています。事故当時交差に差し掛かる少し手前から既に信号は右折の矢印が出ていたものと推測がたちます。そして信号が赤に変わる前にわたってしまいたいと言う衝動に駆られその結果、まわりの状況への気配りが出来ずスピードを出し過ぎて横転したものと思われます。

今回の事故原因は以下の2点がかなりの比重を占めています

信号が黄色の場合交差点の少し手前でも渡ってしまう悪習慣が身についている
普段より信号が黄色から赤に変わるタイミングでは通過(信号が赤に変わっても)する癖をつけてしまっている可能性があります。この場合常にアクセルから足をはなしてブレーキを踏む習慣をつけていればかりに焦っていた状況でも自然に信号手前で停車しており今回の事故には発展してなかったでしょう。

人や自転車(バイク)に普段から細心の注意を払っていない
常日頃から人や自転車(バイク)に細心の注意を払っていれば交差点手前で信号待ちしている自転車に気がいっていたはずです。人や自転車に対する細心の注意とは例えば、車道を自転車が走行していればトラックの風圧や自転車の転倒を考慮にいれて追い越す際にトラックと自転車の間に十分な距離を取る。雨の走行では人や自転車とのすれ違時、なるべく離れて出来るだけスピードを落とし水しぶきをかけないない様な工夫をすると言った内容です。これらの行為をする最大の目的は最優先すべき人や自転車にいち早く気が付く癖を身に着ける事にあります。

今回の事例は普段から良い慣習を体に覚えこませていれば確実に防げていた事故です

普段から行なっている癖と言うのは自身の考えとは全く関係なくとっさの時や焦っている時等は無意識で行動に現れます。上記2点の慣習事例はほんの一例ですが良い慣習はいざと言う時に事故を回避してくれる可能性が高い事を肝に銘じておきましょう


youTube

オーバーハング(トラック)

皆さんはトラックのオーバーハングをどこまで理解出来ているでしょうか?特に大型トラックでオーバーハングを理解していなければ事故の対象になります。ここでしっかりと理解を深めてください

次へ > 安全運転中級編 : 11/11ページ < 前へ