トンネル事故。トンネル内でのトラック事故危険予測

トンネルの中で追い越し車線を走行中

このときあなたは何に気を付けて走行しますか?(黒塗りの車両)

危険性事例

走行車線を走っている車両が前の車両を追い越す為に追い越し車線に入ってくる可能性が考えられます。その際、その車両から自分が運転している車両を見落としてしまい接触事故の当事者になる可能性があります。
昼間の明るいところを走っていてトンネル内に入り急に周りが暗くなった為、サイドミラーから追い越し車線を走って来た車両が把握しにくい為と思われます。

対処策事例

トンネル内ではヘッドライトを点灯して走行車線を走っている車両の動向をチェックしながら走行する。

ライトの点灯目的について

これも日々運転を生業としているドライバーにとっては当たり前のことですが、ライトの使用目的を勘違いしているドライバーの話を聞いたことがあります。"暗いところでライトを点灯する一番の目的は何ですか?"と言う質問を彼に投げかけたところ、彼は迷わず自信を持ってこう答えました。"勿論自分が走行する前の状況が把握し難い為にライトを付けるんだ。"と、そしてその後彼はこうも付け加えました。"高速でも田舎の方の山あたりを走っているときなんかロービームでも視界を確保できない時がある。だからそんな時はずっとハイビームにして走っている。"彼は直接事故の当事者にはなりませんがこの行為によってゾーンを作ってしまっています。皆さんはこんな経験をしたことは無いでしょうか?晩に高速道路で追い越し車線を走っているところ、右カーブを曲がっている時に対向車線の追い越し車線を走って来た車両がハイビームで来た為、そのライトを直接浴びてしまい一瞬視界を遮られた事。この一瞬のタイミングで事故は起こります。これが原因で事故が発生したとしてもその車両は事故の原因が自分にある事に気付くすべも無いでしょう。

ライトを点灯する一番の理由は

やはり自分が運転している車両が今、"ここを走っている車両がありますよ。"と言う事を周りの車両や通行人に知ってもらう事ではないでしょうか?

ライト点灯ヶ所について

ライトを点灯する方が良いシチュエーションをもう少し見て行きましょう。
夕方のいわゆる "薄昏時" の日が暮れていく瞬間は目がなれず特に白色の車両を見落とす傾向にある。
雨が降っていて視界が悪い日は昼間は白色の車両、晩は黒色の車両を見落とす傾向にある。
霧の中では、車両はおろか遠近感さえも分からなくなるのでライトに加えてフォグランプも併用する方が良い。
朝方の特に住宅街では交通量が少ない為に信号無視や急に飛び出してくるバイクや自転車が多発する。
幅員狭くカーブのきつい山道では昼間でも対抗車両確認用ミラーで対抗車両を確認出来ないケースがある。
昼間でも幼稚園児や老人が多くいる住宅街。
信号無視が頻繁に行われる人通りの多い交差点。


youTube

内輪差(トラック)

オーバーハングと並べて理解しておく必要のあるのが内輪差です特に交差点で内輪差による巻き込み事故は多く発生しています。オーバーハングとセットで改めて理解を深めましょう

次へ > 安全運転中級編 : 03/11ページ < 前へ