知恵,事故防止。知恵とトラック事故防止の関係について

”知恵”と言う言葉について

知恵は使っても減らない宝である。三人寄れば文殊の知恵。....
知恵とは脳の中で通常皆さんが記憶したり考えたりと言った事で使っている部分ではありません。ある意味、動物が厳しい条件の中で生きていく為に与えられた特権みたいなものであると言う事が言えます。そして頭の良し悪しにはかなりの個人差がありますが、この知恵に関して言えば個人差はありません。もしあるとすればそれは常日頃から知恵を使い慣れているかどうかの違いだけです。おおかたの職業で仕事が出来る人は頭を使うよりも知恵を使っています。トラックドライバーも例外に漏れず事故やケース不良と言ったものを減らしていく為には知恵を使う必要があります。

良い知恵を働かせる為の条件

良い知恵を働かせる為の条件として絶対必要なのは "やり通すこと","素直であること","自分の可能性を信じること","ひらめきを大事にすること" この4点です。この条件のどれが欠けても仕事で必要な良い知恵は出て来ません。

知恵を養う為の方法

それでは知恵を養う為の方法とはどのようなものでしょうか? "体で覚える (feeling)","ひらめき、直感 (inspilation)","感覚、感性 (sence)","イメージ (image)" この4点です。常日頃からこれらを意識する必要があります。

知恵の特徴

物事の本質を見抜く事が出来る。
精神面が強化される。

知恵への第1歩 ”笑顔で挨拶の心がけ”

良い知恵を出す為の訓練として ”挨拶” があります。挨拶の仕方としては特別大きな声を出す必要はありません。"感謝の気持ちと笑顔で挨拶" を心がけてください。感謝の気持ちと笑顔で挨拶が出来てくれば次は "相手を思いやる又は気持ちよくさせる言葉をかける" 事を心がけましょう。これを ”やり続ける” 事によって自分自身のまわりで今までと違う何かの変化が起きている事に気付きます。
ここまで来れば
”知恵” と言う言葉の持つ意味が理解出来る様になります。そしてこれが事故を減らしていく為の大きな前進につながると言う事も同時に体で感じ取れる様になって来ます。


youTube

安全運転サリメント

トラック事故を減らしていく為の方法とは?運転中に気配りをするとはどう言う行為を指すのでしょうか?

次へ > 安全運転上級編 : 02/08ページ < 前へ