ブレーキランプ,改造。トラックによるブレーキやハザードのランプ色の改造

信号の色に隠された心理

信号機の色は皆さん良くご承知の通り青は走行可能、最近では黄色、赤は止まれと言う解釈をします。それでは信号の各色に隠された心理を少し考えて見ましょう。

”青色”に隠された心理

青色は海や晴れた日の空の色であり爽快感や安心感を与えます。これを走行可能の色としています。

”赤色”に隠された心理

赤色は人に危機感や恐怖感を与える色です。この危機感や恐怖感を感じる色を停止に使ってる為、直感的にブレーキに足が行きやすいのです。

”黄色”に隠された心理

黄色は心理よりも一番遠くに届く色なのです。例えば交通上では車両のフォグランプ(最近は照明の性能が向上して他の色もありますが)は黄色です。その他高速道路のインター付近の照明やトンネル内の照明なども黄色です。この一番遠くまで届く色を交通上の変化やお知らせとして位置づけしています。
この事により信号機では "信号機の色に変化がありますよ" と言う事をより遠くにお知らせする意図があると言う事が分かります。更に車両の方向指示器も黄色ですね。通常の使い方としては道路で直進していたところ次の交差点を左折したい場合、左の指示器を出します。この行為により前の車両が直進から左折に変わると言うことが分かります。緊急停車する時はブレーキと併用してハザードを付けることがあります。この行為によって黄色が変化を表す色だと言うことは心理的にわかっており、より遠くから確認できる色でもあるのでより早く緊急時の対処が出来るわけです。

ブレーキランプや方向指示器の色の改造

上記の色に隠された心理観点から見てこのブレーキランプや方向指示器色の改造行為がいかにまわりの車両の緊急時の判断を鈍らす結果につながるかお分かりでしょうか?事実私も現役の頃、走行中に前方のトラックがブレーキを踏んで減速していたが、ブレーキランプの色を変えていた為にブレーキを踏んでいることに気が付かずに追突しかけてヒヤッとさせられた経験があります。


youTube

トラック事故を減らす為には?

日々の運行の中で事故を減らして行く為に具体的にどう言う事をしていくべきでしょうか?事故を減少させていく為のポイントは何処にあるのでしょうか?

次へ > 安全運転上級編 : 05/08ページ < 前へ